たんたんのつれづれダイアリー

日々の出来事や思い出などをつれづれなるままに綴っていきます

共通認識の重要性

よく”たんたんって面白いねー🤣”って言われるんですが、私自身はそんなに面白くない人間だと思っていて。

 

どちらかというと、面白い出来事や面白い人に遭遇する率が高い、引きの強い人間なようだと感じています。そして、そういった出来事を他人に話すスキルが若干高いだけなんだけどなーとも。

 

前職では顔もキャラも濃い外国人の直属の上司やパワハラ寸前の外国人ボス、パリピな同僚さんなどバライティーに富んだ方々とお仕事させていただいておりました。

 

会社も変わったし、もうそんなこともなくなるかなと思っていたのですが、そうは問屋がおろさなかった!

 

私の配属先には二つ年下の先輩社員(Aさんとします)がいらっしゃいます。社会人歴も年齢も私の方が上ですが、会社の入社歴ではその方が上なので先輩です。Aさんはやりづらいだろうなとか、なんとかしなきゃとは思いながら、まだまだ打ち解けられずにいる私。しかも、その方が若干不思議な方で。

 

そんな微妙な関係性の中での私達の会話を少し晒したいかなと。

 

A: たんたんさん。僕とたんたんさんって打ち解けられてないですよね?

 

私: …。(うわー、直球だなー。どーするかなー。)

そーですねっ!(+めっちゃ笑顔!)

あっ!誰かになんか言われましたー?

 

A: 名前は言えないですけど、まぁ。

 

私: (誰が言ったかは察しはつくけど。ですよねー。そー思うよねー。)

 

A: そーゆー風に面と向かって言っちゃうの良くないと思うんですけどー、僕、言っちゃうんですよねー。

 

私: そーゆー正直なところはAさんの良いところだと思いますよ。(よっしゃ。大人な回答が出来た気がするぞ!)

 

A: ありがとうございます。

 

お互いの共通認識が出来たためか先輩社員Aさんが仲良くなろうと頑張って話しかけてくれます。私も頑張らなくちゃいけないんですけど、あんまり頑張ってない笑笑

 

共通認識って重要ですねー。

私は今までこんな風に共通認識させられたことはなかったですけど。なかなかに楽しい方々が今の職場でもいらっしゃる模様。

辞めたいことには変わりはないけど笑笑