たんたんのつれづれダイアリー

日々の出来事や思い出などをつれづれなるままに綴っていきます

たんたん家の家訓につきまして

表題の件、ご報告させていただきます。←ビジネスメール風笑

 

当たり前だと思っていた家族の習慣が実はそうじゃなかった‼️なんてことはよくある話。

 

我が家でも一風変わった家訓のようなものがあります。

 

それは、

 

”歌っている人がいたらそれに続け!もし可能ならハモれ!”

 

です。

 

音大声楽科卒の母に育てられた私と妹は、小さい時から母の弾くピアノに合わせて歌を歌うことが頻度高めでありました。そのため、歌うことは呼吸することと同義。

そんな家庭環境だと、国語や算数なんかで悪い点数を取るより、音楽の筆記で悪い点数を取る方がよっぽど怒られたりします。

 妹なんか歌ってる意識ないので、

 

私: ねー、夜中にめっちゃうるさいよ!歌わないでよ。寝れない!

妹: は?歌ってないし。

私: いや、バリバリ歌ってたし。

妹: 歌ってないし。ウソつかないで。

 

みたいな言い合いもしょっちゅうでした。母にも証言してもらって認識させましたが。(最近はやっと分かってきた模様)

 

そんな家庭環境で育ったので、一人暮らしの時もガンガン部屋の中で歌いまくってたのですが、一回もクレーム入らなかったなー。

壁が厚かったのか、お隣さんが優しかったのか…。

 

今でも歌うことに助けられることも。ストレスの発散はもっぱらカラオケですし。歌えなくなったら、”相当キテんな。私。”ってなります。会社のカラオケでは可能な限りハモっちゃいますし。

 

家庭環境って人格形成に大きく影響与えますね。