たんたんのつれづれダイアリー

日々の出来事や思い出などをつれづれなるままに綴っていきます

資格の勉強とその阻害要因

資格の勉強始めます!

現実逃避と自己研鑽のため、資格取得にチャレンジすることに。
チャレンジする資格は、“公害防止管理者 水質関係1種”!
国家資格なんですが、結構難しいみたいです。合格率は20%前後くらい。
数年前に甲種危険物取扱責任者の資格にチャレンジし無事合格したのですが、30%前後のよう。
危険物よりも少し受かりづらい印象ですが、危険物より馴染みのない分野が多いのでかなり苦労しそうな予感。

現実逃避の現実逃避…?

そうゆう時に限って読みたい本がたくさんあって。現実逃避の現実逃避かな?大人買いまでとは言わないけど、一気に買っちゃうんだよねー。結局、5冊くらい買って既に1冊読み終わってしまった…。1冊読んだら次の一冊みたいな感じで本当は買いたいんだけど、我慢出来なくて一気に買っちゃう。結局、全く読んでなかったり、途中までしか読んでない本が結構ある…。悪い癖だなーと思う。しかも読みたい本がビジネス書とかならまだしも全部小説なんだなー。映画やドラマの原作ばっかり。
と言いつつ、“読書も娯楽の一つだよー。好きな本読んで何が悪いのさー。”って気持ちもあるので読む本のジャンルについては全く反省してない笑笑

購入した本はこちら!

という訳で買った本の紹介です笑

1. 北川恵海 “ちょっと今から仕事やめてくる”
自分の今の感情とタイトルが一致していたので買いました笑 すでに読み終えましたが、面白かったです。サラリーマンなら少なからず共感出来る部分があるんじゃないかな?特に若い方。実際はタイトル通りには出来ない人が大半だと思うし、主人公のような選択って難しいとは思いますけどそこは小説なので。主人公が仕事で上手くいかず落ち込んでる内容が全く私と一緒で“みんなもそうか。”とちょっとホッとした。
“会社で働くってなんだろう?”って改めて考えちゃう内容でした。
あと、通勤電車の中でカバーなしで読むと周りが若干ビックリしてる気がして、謎の優越感に浸れた笑←私だけな件。

2. 秋吉理香子 “暗黒女子”
出家した清水富美加が主演を務める映画の原作本。現在公開中ですかね?
Youtubeで映画の予告編を見て気になったので読んでみようかと。

3. 朝井リョウ “何者”
前職の後輩がこの映画を観に行った話を思い出し、なんとなくで購入。

4. 湊かなえ “高校入試”
湊かなえの作品をいくつか読んでいて、ドラマもたまに観てます。
今クールでも藤原竜也主演で“リバース”が放送中ですよね。
割と好きです。湊かなえ。このドラマも最終回をたまたま観て気になっていて。文庫化されるのを待っていてやっと手に入れました!

5. 豊田美加 “小説 心が叫びたがってるんだ。
7月に大好きな中島健人くん主演で実写化するので予習のためだけに購入笑 アニメ映画も好評だったらしいし、私自身ミュージカルが好きなので挫折しないで読めるはず。


好きな小説ジャンルは…

こう見てみると、学生を主人公にした話が多いね。やっぱり。というのも、学校を題材にした話が昔から好きなんですよねー。特にミステリー。
スクールカースト最下層で生きていた私にとっては、学内で事件が起きたりする非日常に憧れていたのかも。今でもこじらせてるなー。

小学生の頃は、宗田理の“ぼくらの七日間戦争”シリーズとか、はやみねかおるの“夢水清志郎”シリーズをよく読んでましたね。うろ覚えなんで内容は語れませんが、また読み返したいな。

中学の頃は、恩田陸の作品を。中でも、“麦の海に沈む果実”と“六番目の小夜子”が好きでしたね。“麦の〜”なんて世界に入り過ぎて、電車を乗り過ごした経験が…。

高校だと思いますが、米澤穂信の“氷菓古典部シリーズが好きで読んでました。アニメ化した時は先に読んでたので嬉しかったな。

社会人になって学生時代ほど本は読まなくなったな。
あともうちょっと小説読んだら勉強しますね…
って、テスト前の学生と同じやー!
こじらせてますな。