たんたんのつれづれダイアリー

日々の出来事や思い出などをつれづれなるままに綴っていきます

妹が自撮りをする理由

以前私の妹が典型的末っ子だというエピソードを書きましたが、それだけでなく家族へのディスりがかなりヒドイのです。少し前の話ですが、私が妹に“お姉ちゃん、足が短いから…”と言ったら…

“お姉ちゃんの足の短さは奇形レベルだよ”

って言われましたからね。奇形って…。奇形ってーー‼️

その場は、

“そーだよね。ホントに短いから奇形かもね!”

って受け流しちゃいましたけど。もはや通常運転で落ち込みもしない件。

最近、お見合い用のスナップ写真を撮影したのですが、もともと写真が苦手であまり写りがよくなく、ある日会社から帰って来たら、

妹: お姉ちゃんは私のこと自撮りばっかしてるって言ってるけど、私はね、自撮りして自分がどう写ったら可愛く見えるか研究してるの!お姉ちゃんはその努力が足りない‼️だからお見合い写真が可愛くないんだよ!全然口角が上がってないし、そもそも服がダサい。どれだけ口角を上げれば笑って見えるか分かってない。

仕事で疲れて帰って来てディスられたのでシカトしました笑笑
言ってることは分かるが、そんなに努力しなきゃいけないことなんだろうか…??

最近の子たちは自撮りの得意な子、苦手な子がはっきり分かりますよね?
社内報で新入社員特集を見ていて感じました。今の子って大変だなぁ〜。

とりあえず、妹からダメ出しを受けたスナップ写真は再度妹自ら撮影して貰い、妹は満足した模様。撮影後に、

“私、写真のプロだから。”

って言ってました。(←注 プロのカメラマンではありません。)

じゃあ頼むから早く親のすねかじりから卒業してくれよ…。

あとは釣書を書くだけなんですが、中々キレイに書くのが難しくて…。
一回書いたんですが、やり直すことに。
あー、ペン習字やっておくんだった‼️

また明日も会社か…。嫌だな。GW明けに社会復帰出来るか不安だな。

日曜日のサザエさん症候群のたんたんが現場よりお伝えしましたー。