たんたんのつれづれダイアリー

日々の出来事や思い出などをつれづれなるままに綴っていきます

イケメンくんとのおデート

デートまでの道のり

神様のイタズラか、はたまたビギナーズラックか初めて参戦した婚活パーティーで同い年のイケメンくんとカップリングしました。

tantan-728.hatenadiary.jp

パーティーの後、二人で食事をし、次回飲む約束をして別れました。
でも、お互い一回しか会ったことがないので、その後のやり取りによってはフェードアウトってこともあり得ます。
なので、“本当に次はあるのかなー?”と思っていました。
このイケメンくん、九州男児の方言男子のため、以下大吉くん(仮名)と呼ばせていただきます。
大吉くんはかなりマメな子で朝と夜(たまにお昼休みにも)にほぼ毎日LINEをくれてました。私の中では男性ってLINEするより電話した方が早いみたいな人が多いイメージだったので結構ビックリしました。
あと、既読スルーってことをあまりしない子で基本即レス。私も即レス派なので、既読スルーされると駆け引きされてるのかなと悩んじゃうタイプです。大吉くんにはそれが全く無かったので、とっても連絡を取りやすかったです。

そんなこんなでデートまでお互いフェードアウトすることもなくやり取りは続きました。

デート当日

休みが不定期の大吉くんはデート当日もお仕事でした。そんな大吉くんは…
仕事が長引き、30分の遅刻!

そもそもちょっとした用事があり早目に来ていた私は余計に待つことに。
人を待つことに対してあんまりキレない沖縄時間な私ではありますが、30分以上時間を潰すのは結構大変だった…。

お店の予約は大吉くんにお願いしたのですが、先に行って30分以上ボーッとしてるのもなぁ〜と思い、お店に連絡して予約の時間をずらして貰いました。

近くのお店をブラブラしながら待つこと約30分。大吉くんと無事合流しお店へ。

二人用の個室を予約してくれてたみたいなんですが、

狭っ!めっちゃ狭っ!!

予約した大吉くんも予想外の狭さで、同じ感想でした…。

そんな激狭な個室でしたが、私はあんまりドキドキせず…というより、どちらかと言えばまったりと楽しく時間が過ぎてゆきました。

その後、近くのカラオケへ。お互い歌いたい曲をガンガン入れて熱唱。歌は上手なわけではないのですが、日頃の一人カラオケの成果なのか音痴ではない(はず)。そんな私の歌を聞いて大吉くんがポツリ。

よかった。音痴じゃなくて。

よかった。日々鍛錬しておいて。つーか、はっきり言うな〜。心の声がダダ漏れの大吉くん。

そんなこんなでデートも終盤に近づき…。終電でお互い帰るつもりが、

終電をあえて逃しました!笑

帰る方向が一緒なので、タクシーに一緒に乗って帰宅しました。

奢り?割り勘?問題

イケメン男子、大吉くんとデートが出来たわけなんですが、一つ気になる点が。
それは…
ここまでずっと割り勘ってことです。

タクシー代は払ってくれましたが、初回のラーメン代750円さえも割り勘。

付き合う前のデートで男性が奢るべきなのか、割り勘なのか問題は意見が分かれるところですよね。
私より年齢が高い方だと、“割り勘なのは他にもキープがいるからだ。”とか“ケチに違いない!”とか否定的な意見が多いです。
一方、同年代だと割り勘でもOK!って子もいます。逆に気をつかってしまうからってのが理由らしい。

じゃあ私はと言うと、

毎回奢って欲しいとは言わないけど、せめて初回ぐらいは奢って欲しかった。

ってのが正直な感想。男気を見せて欲しかったし、“お見合いパーティーで知り合ったのに恋愛対象に見られてないのかな?”って思ってしまいました。なんですが、一緒にいて楽しいので、“お付き合いは無理でも、近所に男友達が出来たくらいに思えばいいかー。”と考えることに。

で、どうなった?

その後もミュージカル観劇デート、焼肉デートとこなしていき…

お付き合いすることになりましたー!!

自称シャイの大吉くんの方から告白のようなものがありまして、お付き合いと相成りました。

お互いまだ知り合って間もないのでどうなるか分かりませんが、ひとまずこれだけは祝っときましょう。

非モテに春が来た!!笑